スポンサードリンク

地震

メキシコ南部でM7.5の地震

1:名無しさん@涙目です。:2018/02/17(土) 09:04:46.16 ID:JgtbyYVD0 BE:512899213-PLT(27000)
アメリカのUSGS=地質調査所によりますと、日本時間の午前8時40分ごろ、中米メキシコの南部でマグニチュード7.5の地震がありました。
震源の深さは43キロと推定されています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180217/k10011332791000.html

2:名無しさん@涙目です。:2018/02/17(土) 09:05:34.66 ID:vO1pwYvp0.net
マジかよ

【台湾加油】日本人が台湾の被災地で博多ラーメン200食提供 現地は感激の嵐

1:ばーど ★:2018/02/10(土) 23:35:04.35 ID:CAP_USER9.net
台湾東部・花蓮県で発生した地震で、ある日本人が2月9日、被災者や懸命な捜索活動を続ける消防隊員らのために、200食のラーメンを無料で振る舞った。「地震の怖さをよく知っているから、できることを」と車に材料を積んで、現地に駆けつけ、その場で調理。できたての1杯で被災者らの心を温めた。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

ラーメンを提供したのは、台南市に暮らす野崎孝男さん。

台南市の外交顧問で、ラーメン店「Mr.拉麺(ミスター・ラーメン)」を経営している日本人だ。
.
地震が起きたと知った野崎さんは、台湾人のスタッフと2人で麺やスープ、チャーシューなどの材料を積み込んで現地に向かった。

被害の大きい花蓮市内に着くと、その場でラーメンを作った。

被災地では、生死をわけるとされる「72時間の壁」が刻一刻と近づいていた。消防隊員や看護師ら医療スタッフなどの疲労はピークだった。

そんな彼らが行列を作り、笑みをこぼした。野崎さんは一人ひとりに「お疲れ様、頑張って」と声をかけて、ラーメンを手渡した。
.
野崎さんは台湾で暮らして約10年。2016年2月に台湾南部で起きた大規模な地震の被災者だ。

その経験から考えに変化があったと野崎さんは話す。

「3日間、倒れたビルの近くで私もお手伝いをしましたが、寒い中、台南市の皆さんらの頑張りに感動しました。だから、自分もできることをやろうとあの時からさらに思うようになったんです」

当時、台南市内のビルに住んでおり、立っていられないほど揺れた。地震の怖さは「よく知っている」。

「怖い思いをされたみなさんに温かいラーメンで少しでもリラックスしてもらえれば、と思ってラーメンを持ってきました。温かいものを食べると幸せな気持ちになれるので」
.
特注した麺を使った自慢の博多ラーメン。食べた男性は「温かくて美味しい。食べると元気になる。いいね!」と親指を立てた。

野崎さんは台湾の人たちに向け、こうメッセージを送った。

「私も個人の立場でできることを一生懸命やっています。地震は非常に悲しい出来事ですが、日本人、日本は台湾を応援していますので、ぜひ台湾の皆さん頑張ってください。台湾加油(ジャーヨ、中国語で頑張れ)」

「72時間の壁」を過ぎた10日、共同通信によると、今回の地震の死者は14人、負傷者は280人になった。









2/10(土) 17:24
BuzzFeed Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00010004-bfj-int

【悲報】南海トラフ 発生率80%に爆上げ・・M8程度の地震で日本マジ卍

1:名無しさん@涙目です。:2018/02/10(土) 02:55:50.21 ID:BCCaEGKO0 BE:618588461-PLT(36669)
政府の地震調査委員会(委員長=平田直(なおし)・東京大教授)は9日、静岡県から九州の太平洋側に延びる南海トラフで今後30年以内にマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が発生する確率を「70~80%」に引き上げたと発表した。

 調査委は、毎年1月1日現在の発生確率を計算して公表している。時間の経過に伴い、2014年に発表した「70%程度」から確率が高まった。13年までは「60~70%」だった。

 今後10年以内の発生確率もこれまでの「20~30%」から「30%程度」に引き上げた。50年以内の確率は「90%程度、もしくはそれ以上」に据え置いた。

 南海トラフでは、おおむね100~150年おきにM8級の海溝型地震が発生してきた。地震は様々なパターンで起きることなどを考慮し、調査委は平均発生間隔を88・2年と仮定している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00050102-yom-sci

【地震見舞い】安倍首相が直筆で「台湾加油」、台湾メディアが評価、ネットからも感謝の声

1:Scott ★:2018/02/08(木) 23:43:08.64 ID:CAP_USER9.net


2018年2月8日、首相官邸は、6日夜の地震で多数の被害が出た台湾に向けて「全力を尽くして支援を行っていく」とのメッセージをフェイスブック上に掲載した。安倍晋三首相の署名が入った「台湾加油(台湾頑張れの意)」の文字が添えられており、中国・観察者網は台湾メディアがこれを評価したことを伝えている。

この地震では複数の建物が倒壊するなどし、多数の死傷者が出ている。メッセージは被害に遭った人々に見舞いの意を伝えるなどした上で、東日本大震災で日本が台湾から受けた支援への謝意を表明。最後は「日本政府として(中略)全力を尽くして支援を行ってまいります」という言葉で締めくくられており、これに添えられたのが、毛筆で書かれた「台湾加油」だ。

台湾・中央社は「安倍首相が就任後、初めて『直筆の書』という形で台湾にエールを送った。しかも一目瞭然だ」と評価。また、中華圏のネットユーザーからは「日本の思いやりに感謝します」「安倍首相はかっこいいし、文字もきれい」「ありがとう日本!」などのコメントが寄せられていた。

レコードチャイナ:http://www.recordchina.co.jp/b568432-s0-c10.html

阿部寛「地震に寄付をします」司会者「地震の話はちょっと…」阿部寛「今話さないで何を話すんだ?」

1:風吹けば名無し:2018/02/09(金) 10:27:49.05 ID:j59ZL8y60.net
6日夜、阿部さんは花蓮市を震源とするM6.4の揺れを経験。台北市内にいたことから震度3程度の揺れを感じたということです。

阿部さんは8日のイベント冒頭で、今回の地震について、亡くなった被災者の方々や行方不明者、負傷者に対して「つらく悲しい思いです」と
哀悼とお見舞いの言葉を述べ、震災による崩壊現場で不明者の救出にあたっているレスキュー隊員らに対して
「大変だとは思いますが頑張って欲しい。1日も早く平穏な生活が戻ることをお祈り申し上げます」と労いと現状復旧への思いを話しました。

そして、その場で「今回の台湾地震に対して1000万円の寄付をします」と明言。
イベント会場では、司会者から地震の話をしたことについてたしなめられる場面もあったそうですが、
それに対して阿部さんは「いまこの話をしないで、何を話せばいいんだ」と不快感を示し、会場が重苦しい空気に包まれる場面も。
この寄付金額は、現時点で台湾のどの芸能人からの寄付金よりも多かったため、会場にいたマスコミからは大きなどよめきが起きたということです。

このことはすぐに台湾のインターネット掲示板やニュースサイトを通じて拡散され、台湾の地震に対する真摯な態度と、この男気ある行動、
そして多額の寄付金について「感謝します!」「さすが!」「ありがとうローマ人!」などといった声が殺到。



このことはすぐに台湾のインターネット掲示板やニュースサイトを通じて拡散され、台湾の地震に対する真摯な態度と、この男気ある行動、
そして多額の寄付金について「感謝します!」「さすが!」「ありがとうローマ人!」などといった声が殺到。


最新記事(画像付)
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
ほま速について
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
おーぷん2ちゃんねる
おーぷん2ch1
J-CASTニュース
ランキングサイト
日本ブログ村